宝くじ購入代行.com ホーム

  • 春きらきらくじ

    抽選日:2014年4月17日

    詳細はこちら

  • 春きらきらくじ

    抽選日:2014年4月17日

    詳細はこちら

  • 春きらきらくじ

    抽選日:2014年4月17日

    詳細はこちら

  • 春きらきらくじ

    抽選日:2014年4月17日

    詳細はこちら

  • ナンバーズ4

    抽選日:2014年4月18日 開催回:第3868回

    詳細はこちら

  • ナンバーズ3

    抽選日:2014年4月18日 開催回:第3868回

    詳細はこちら

  • ロト6

    抽選日:2014年4月17日 開催回:第856回

    詳細はこちら

  • ミニロト

    抽選日:2014年4月15日 開催回:第763回

    詳細はこちら





メールアドレス:

宝くじに当たる人

宝くじは、当選してはじめて価値がある商品です。しかし、当選は運によって決まってきますから、購入する人たちがどうあがいたところで最後にはどうにもなりません。運を左右することは科学的には不可能なことなのです。

しかも当選については非常に厳正に実施されていますから、八百長等が発生する可能性はいっさいありません。いくら当たりたいと願っても、これは努力して何とかなるというものではありません。

当たる人の傾向を調べてほしいというリクエストはいろいろなところで常に出されているそうですが、当たる人の傾向を調べても、決定的な決め手が見つかったという報告はありません。あえていうならば、当たる人は購入する機会が多いということはいえるでしょう。つまり、なるべくたくさん買ったり、買う回数を多くしたりしていれば、当たる確率も上昇するだろうという意味です。

これは努力して実行することはできますが、確実に「宝くじに当たる人になれる」方法なのではありません。これを必死にやっても、ことごとく外れてしまう可能性もあるのです。

あとできることとしては、よく当たるといわれている場所に買いに行くことでしょうか。実際に行列がよくできている売り場がありますが、おそらく当たる人になりたいから誰もが列に並ぶのでしょう。

当たる人たちのいろいろな共通点を調べているデータもありますが、その結果からはたいしたことはわからないようです(占い師等に利用されていることはあるらしいですね)。

↑このページの上へ

宝くじに当たらない人

宝くじを買っても、それが当たるという確信を心の底から持ちながら買っている人はめったにないのではないでしょうか。

宝くじを買ったことがあれば、宝くじがどんなに当たりにくい商品なのかはよく痛感しているでしょうし、宝くじを買っていなくても、まともな常識を備えた大人だったら、宝くじがそう簡単に当たるような仕組みにはなっていないことを知識としてよく認識しているでしょう。それでも、宝くじを買うときは、とにかく当たることを祈りつつ買うほうがいいでしょう。

宝くじを買うときに、最初からネガティブな結果ばかりを想像して買っていたのでは、たいした意味はありません。外れていることがはっきりしたときに、あまり落胆をしなくてすむというメリットならあるでしょうが。しかし宝くじを買っていくのなら、くよくよしながら買っていたのでは意味がありません。買うことに喜びを感じながら買っていたほうが、生活が楽しくなってくるはずです。

宝くじに当たらない人について、ときどき「それまでの生活態度や人生がよくないと当たらない人になる」「当たらないと思っていると当たらない人になる」などと述べる人たちがいますが、これは、当たることを期待している人たちほど、宝くじを継続して買っていくことに苦痛を感じないため、自然と当たる確率も徐々に上がっていくが、その逆で、当たらないと思っている人ほど当たる機会もめぐってこなくなる…という趣旨に解釈することもできるでしょう。

↑このページの上へ


ロト6で208回連続当選したヒミツを全て知ることができます!
ロト予想塾がこれまで莫大な費用と時間をかけて創りあげた
ロト6予想のすべてのヒミツをあなただけにお教えします!

メールアドレス:

高額当選者の本

宝くじに当たった人の中でも、数万円くらいであればそれで人生が大きく変わってしまうようなことはまずないでしょう。

しかし数少ない退勤の当選者ともなれば、事情は大きく様変わりしてしまいますね。大金が一気に懐に転がり込んでくると、その時点からの人生はまったく変わってしまうこともあり得るのです。

本人がそうならないように用心しようと思っても、周囲からの反応が激しく変わってしまうことだってあるといいますから。しかも、宝くじで大金を当てた場合、黙っていてもいつの間にかその事実が風説となって広まってしまうきらいがあることも忘れてはいけないでしょう。そこで、大金を当てた人たちに配布されている冊子があります。

それが「高額当選者の本」です。この「高額当選者の本」は、さまざまな有識者たちの手によって編纂されています。たとえば、臨床心理士が心理学的な見地からその後の生活の過ごし方を書いたり、あるいはファイナンシャルプランナーが経済的な見地からその後の家計の管理方法を推薦したり、あるいは弁護士が法的な見地からその後の人生において法律をどのように使っていけばよいのか、法律がどのように関わってくる可能性があるのかを説明したりしています。高額当選者の本を配布してもらえるのともらえないのとでは大きな違いがあるといわれています。

この冊子は、実際に国内外を問わず、人生が大きく狂ってしまったエピソードがあるという事実を踏まえて作成されているのです。

↑このページの上へ

その日から読む本

宝くじを買う人たちの中には、まれに1000万円以上の大金をつかみ取る強運の持ち主がいます。「まれに」とはいっても、毎年必ず何人もいるわけなのですが、その強運の持ち主たちは、銀行でその1000万円以上の大金を受け取るときに、「その日から読む本」を手渡されることになるはずです。

「その日から読む本」という名前では、いったい何のことだか想像がつかないかもしれませんが、ある時期からマスコミでも「その日から読む本」が存在すること、そしてそれが、宝くじで特に高い賞金を手に入れた人たちだけに供与されていることが報じられはじめたため、知っている人たちもいることはいるのですが。

この「その日から読む本」は、早い話宝くじで大金を一度に手に入れてしまった人たちが、その大金のせいで冷静な判断力を喪失して、人生を間違えてしまうことがないように…という願いを込めて書き上げられている本なのです。この「その日から読む本」は、銀行員でも自由に閲覧することは認められていないという噂があります。そのように聞かされると、ものすごく厳重に保管されている本であるかのような印象もわいてきますが、しかし内容に一部が一般公開されていますから、100パーセント極秘だというわけでもないようです。

それでも、この「その日から読む本」は、手に入れて全ページをくまなく読みたいと願っても、それを聞き届けてもらえることはないそうです。当選するしか読む手はないようです(オークションで入手できる可能性もあるようですが)。

↑このページの上へ

一粒万倍白書

宝くじを買うとき、人々はできるだけその宝くじが当選してほしいと願いますね。ただ念じる程度ではあきたらず、もっと積極的な行動に出る人たちも多いようです。

縁起をかつぐ人たちもけっこういるそうですが、一粒万倍日という考え方があることをどれくらいご存じでしょうか。

この一粒万倍日は、干支の組み合わせによって、その日がどんな1日になるのかを占う手法の一部です。干支の組み合わせはけっこうバリエーションが広いようですから、日によってあれこれとその日が吉日になるのか厄日になるのか、干支の組み合わせひとつでまったくバラバラなようです。

宝くじを買うにあたっては、その日がどんな日になりそうなのか、特に金運がどうなっているのかをぜひ知っておきたいものですが、その日が運よくこの一粒万倍日に該当した場合は、特に新しい物事をなにかはじめたり、お金を使ったりするのに向いている日になるといわれています。特に宝くじを好む人たちにとってこの一粒万倍日が喜ばれるのは、僅かなお金をつぎ込んでも、数倍にもなって手元に戻ってくる…といったニュアンスがこもっているからなのだそうですね。

宝くじを買うときは、誰だってその代金をみすみす捨てたいとは思いません。だからこそ、このような干支の組み合わせもすがる価値が高いのです。

一粒万倍白書を読むとよくわかるようですから、機会があれば一粒万倍白書を読むとよいでしょう。一粒万倍白書には役に立つことは多いです。

↑このページの上へ



メールアドレス: